2010年夏休み:コンラッドホテル・食事編



朝早く起きて朝食前にお散歩を。と思っていたけれど、ホテルのベットが寝心地良すぎて毎日起きられず・・最終日こそ早起きして出掛けようと思っていると夜中から激しい雷と雨が・・
明け方起きてみるもののまだ止んでおらずダメかな。と思ったら止みました。
大急ぎで支度をして出掛けてみると日の出は残念ながら雲に隠れて拝めませんでした・・



写真では判り辛いですがお日様の代わりに虹がキレイにみえました
高い建物がないので大きいです。





旅先でお楽しみの朝ごはん
マヤウブドもかなり美味しかったけれど、こちらの朝ごはんもとっても美味しくて毎日食べ過ぎです
コーヒー・紅茶・カプチーノホットでもアイスでもお願いすると持って来てくれます。
私は温かいカプチーノを




ちょっぴりかたい?!気もしますが生野菜もシャキシャキでとっても新鮮ドレッシングも沢山種類があって迷ってしまいます。
生ハムなども美味しくて朝からワインが飲みたくなりました




卵料理は何種類かあり、テーブルでお願いすると出来たてを持ってきてくれますダンナが頼んだオムレツ。肉野菜炒めは自分で盛りに行ってました。
マフィンやワッフル・デニッシュなども種類が豊富でしかも美味しい特にワッフルが外サク中フワで毎日これだけは欠かさず食べていました。
ほんのちょっぴりワッフルメーカーが我が家にも欲しいと思ったり



私はポーチドエッグを。ここのホテルの朝ごはんで唯一ダメだったのがこちら
黄身トロで絶妙なポーチドエッグなのですが、ボイルするお湯のお酢が多すぎなせいかとにかく白身がすっぱい・・
エッブベネディクトなどにすれば誤魔化されてしまうのでしょうが、この状態ではさすがにムリ
中の黄身とこんがりトーストだけ頂き白身はどうしても食べられず残してしまいました。
自分でもこんな(酸っぱくない)ポーチドエッグを作りたいと思うのですがなかなか難しく、ゆで卵か温泉卵になってしまいます・・エッグボイラーというのを買ってみたもののなかなか上手く使いこなせず・・卵料理は難しいです





続きを読む >>
sawape * 旅行:バリ * 17:09 * comments(7) * trackbacks(0) * pookmark

2010年夏休み:バリ・ブノア地区ロコカフェ

旅行から帰ってきて早1ヶ月・・忘れてしまいつつあるので多急ぎで残りのモノを記録として
コンラッドホテルの中にもレストランは何件かありますが、ホテル内で済ませてばかりだと経済的にイロイロと問題が・・
食事自体は日本のホテルと比べるとリーズナブルですが、アルコールがなかなかいいお値段で
お酒を飲まない方は是非雰囲気のいいレストランでもお食事を

ホテルの道路を渡った向かいにあるロコカフェというレストラン。どうかな・・と思ったけれど他のレストランへは徒歩では結構な距離がありそうだったので行ってみることに



こちらのお店も前日に行ったウラムレストラン程ではありませんがかなり空いていて
私達がここでも1番最初のお客でした。
ビールが大瓶で380円位だったの上、ビンタンビールだけでなくハイネケンも同じお値段久しぶりにビンタンじゃないビールで乾杯を(こちらもお通しでエビせんべいが登場)
一緒にシーフードピザを頂きます。手作り感満点なピザ生地はサクっとした食感でなかなか美味シーフードも一杯のっていて見た目よりもボリュームがあります。やはりピザは出来たて熱々が一番です



食べたいと思っていたけれど、なかなかお目にかからなかった空芯菜炒め。エビオンリーとシーフードミックスの2種類から選べます。シャキシャキで美味しい。シーフードもピザ同様たっぷり入っていて嬉しい





こちらでもフライドチキンを揚げたてでサクっとジューシー熱すぎてヤケドした程の出来たてです。
ケチャップが添えられていますが、チキンはそのまま食べても結構しっかり味が付いています。ポテトには是非店員さんにサンバルを頂きましょう
サンバルでフライドポテトを食べればたちまちアジアっぽいお味に変身です

他にも食べてみたいと思うお料理が色々ありましたがビールの大瓶2本と↑でかなり満腹に
サービス料込みで4.000円位でした。
コンラッドへ泊まる機会があったら又お邪魔したいと思います
sawape * 旅行:バリ * 16:46 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

2010年の夏休み:最終日。ウリン ヴィラズ & スパ

スパで揉みほぐして貰った後、部屋で一休みしたらお宿の周辺を少しだけお散歩靴戻ってくるとオープンなリビングで夕ゴハンの時間ディナー










ただゴハンを食べるだけの為に3人がかりで用意してくれたキャンドルやら花びらやら天井の飾りなど。
ちょっぴり蚊が気になりましたが、食事中も何故かハエはやって来ずNO!徹底的に害虫駆除しているのかな・・!?たらーっ












野菜好きには嬉しいボリュームたっぷりのサラダ植物
大きなお皿にロメインレタスの他、ベーコン・グリルしたチキン・温泉タマゴがのっていて、パンが添えられています。このパンがしっとり&モチモチでほんのり甘みもあってすごく美味しい拍手
運んで貰ったときは軽食??これから長旅なのにこれじゃお腹空いちゃうかも・・ふぅ〜んと思ったけれどシーザー風ドレッシングはコクがあって食べ終わった頃には結構満腹ニョロ









サラダと一緒に出てきたお魚料理魚こちらも生野菜がのっていて魚は何でしょう!?マグロっぽい味もしましたが聞いても再び聞き取れず・・汗
マスタードの効いた酸味のあるソースで美味しかったのですが、一緒に入っているアボカドは早く採りすぎぶーっていうカンジでとても頂けませんでした。最初に食べたサラダで満たされてしまいアボカド以外はおいしかったのですが、半分ほど残してしまいました。

その後。お皿に魚を残したままベッドルームでまったりくつろいでいると、何処からか猫ちゃんがやって来て私達を覗いたかと思うと再び何処かへ〜猫
リビングで一服しようと再び行ってみると、お魚だけキレイになくなっていました唖然私の代わりに猫ちゃんが食べてくれたらしく・・しかしアボカドは残っていた・・たらーっ
魚が消えている以外はサラダもあちこち飛び散ることなくキレイに残っているし、グラスなども全てそのままの状態。荒らさずサラッと持って行く身のこなしはかなり慣れているカンジ。
きっとあちこちのお部屋をおじゃまして頂いているのでしょう。毎日いいモノ食べていて羨ましい限りですピピピ


日が暮れるとまた雰囲気が変わりステキだったので記録に。










時間が足りずあまり寛げなかったリビング。
こちらにはテレビとステレオが設置。ずっとヒーリング系の音楽がかかっていました。













プールも夜になるとライトアップされてキレイポッ










お風呂は日本の温泉旅館にもありそうな雰囲気温泉
本当に苦手な虫が全然居ないのでゆ〜〜っくりお風呂にも入りたかったポロリ

HPを見るとお得なプランなど色々あるようなので、次回は是非お泊まりでゆっくり過ごしたいですおうち







sawape * 旅行:バリ * 13:36 * comments(3) * trackbacks(0) * pookmark

2010年の夏休み:最終日。ウリン ヴィラズ & スパ

今回の旅行の最終日は飛行機が深夜0時半近くで・・汗
コンラッドのチェックアウトが12時なのでかなり時間を持て余してしまいますふぅ〜んレイトチェックアウトというのも考えましたが、バリは深夜発の飛行機が多いせいか?!帰国日のお楽しみプランみたいなのが充実しています見る
せっかくなので下見も兼ねつつ、別のホテルへも行ってみようひらめきというコトでスミニャックにあるウリン ヴィラズ & スパという所へ自動車









賑やかな通りが直ぐの場所なのに、ちょっぴり角を曲がったらまぁ静かな所に。美味しそうなレストランが沢山あり(しかもどこもとってもリーズナブル)海は見えないけれど車で行けばすぐキレイな夕日が見えるビーチがある最高の立地です。
最終日はアジアンリゾートらしくヴィラでラブと言ってもお泊まりでなく数時間の滞在・・悲しい








デイユースプランで予約をすると、食事とスパがセットになっていました。
飛行機に乗る前にぼ〜〜っと揉みほぐして貰うなどちょっぴり偉くなった気分で。しかもこちらのプランスパは3時間ラブラブ
好みのアロマオイルを選んで説明を簡単に受けたらスパルームへ。
結構お部屋が沢山ありました。










お部屋に入ると可愛らしい木工細工がお出迎え見る
オイル・スクラブ・ヨーグルト?!っぽいパックでカラダをた〜っぷり揉みほぐしてフラワーバスで2時間。あと1時間はクリームバスで頭皮のマッサージ&トリートメント。極楽温泉な筈でしたが、最後に日焼けをしてしまった為スクラブが痛い痛い・・撃沈
















スパが終わると残りは出発までお部屋でまったり。
1部屋1部屋が一軒屋みたいな造りで、入り口の扉を開けると今度はupな置物がお出迎え。








写真の技術が無いためあまり広く感じられませんが、このヴィラ400屬發△襪修Δびっくりしかも2ベットルーム。私達寝ずに帰るのに・・・ポロリ








プール付きのヴィラはホテルによって池みたいな小さいプールだったりするらしいですが、こちらのプールはちゃんと泳げます(時間がなくて入りませんでしたけど汗)しかもお掃除がかなり徹底しているようで、プールには虫も葉っぱも浮いておらず。









窓も扉もない開放的なリビングには大きなキッチンも付いています。
のんびりする為にここへ来たのですから、料理などするつもりは全くありませんが、もしここに長期滞在するのならあると嬉しいかもひらめき
普通のお家にある大きな冷蔵庫もあり、中にはビンタンビールやコーラ・トニックウオーター・タコスチップス・ピーナッツが入っていて全て無料という嬉しいサービスもラブ
ちなみに床にゴミが沢山落ちているように見えますが、夕ゴハンのセットの花びらです(これはハネムーン特典ではなくプランにキャンドルナイトディナーが含まれていますイヒヒ












開放感たっぷりの所から家の中??に入ると天蓋付きベッドがで〜んとワッ!
縦にも横にも余裕でゴロンとなれる大きさで。












再び別の扉を開けるとまたオープンエアーなスペースが。
露天風呂までついてます。しかもこのお風呂もまた大きいワッ!そして同じ空間にシャワーブースとお手洗いが。しかも全てお風呂と一体化したオープンエアーな空間で・・冷や汗シャワーはまだしもトイレは最初かなり戸惑いました・・冷や汗







洗面所はベッドルームの隣の室内に。洗面型のシンクは廻りが水浸しになってしまいがちなので使い辛いのですが、こちらのは大きめでそんな心配は不要です。

何よりもヴィラというと虫が多いイメージでしたが、こちらのホテルは蚊が若干いたものの他の虫は殆ど見掛けず本当に快適ラッキー外にあるリビングやお手洗い・お風呂の場所の明かりに虫さんが沢山居たら・・・ムニョムニョと思ったけれど、日が暮れても小さめのヤモリが遠くに1匹居た位。
広すぎて何処に居たらいいのかわからず状態からやっと居心地いいかもラブラブと思えるようになった所で帰らなくてはならなかったのが本当に残念でしたパクッ


















sawape * 旅行:バリ * 13:34 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

2010年の夏休み:Ulam Restaurant 2(ウラムレストラン)

UBUDに居た時は夜ゴハンはホテル内で済ませてしまっていたので、ビーチに来たら外のレストランでゴハンでもディナー・・と思ったけれど、周辺にはレストランがあまりなく・・ポロリ別のホテルでゴハンというのなら多々ありますがレストランじゃ殆どありません。
歩いて10分〜15分位の所にUlam Restaurant 2というシーフードレストランがあったのでそこに行ってみることにGO!
Ulam Restaurant 1はヌサドゥアにあるらしくそちらの方が賑わっているようです。





まずはビンタンビールで乾杯ビールジンバランで有名らしいイカンバカールがこのお店でも食べられるというので注文してみました。
一緒に写っているのはインドネシアカレー。スープみたいで辛さもあまりなく。野菜が沢山入っているのは嬉しかったけど味は普通かなくもり
シーフードバスケットはイカ・エビ・魚(名前は忘れちゃいましたが鯛っぽいお味)・ロブスター・渡り蟹にゴハン食事
シーフードはシンプルに焼いただけなので食べ慣れた味ですが、一緒に出てくるサンバルを付けて食べると一気にインドネシアっぽく変身ラブラブ
ビールのお伴によく合います。










インドネシア風焼きそば:バーミーゴレン。
ビールを頼むとエビせんべい、焼きそばを頼んでもエビせんべいと付け合わせによく付いてくるエビせんべい。どこのお店でも必ずといっていい程出てきました。が、これが美味しくてイケテルビール飲みつつボリボリ旅の間良くたべました。
肝心の焼きそばですが、インスタント麺っぽい太めの麺ですが青菜系の野菜がたっぷり入っていてなかなか美味しいおはな
一緒に付いていたサテもタレが甘辛で濃厚。ビンタンビールがすすみます。










クリスピーダックというのもあったので注文してみました。
熱々の鉄板にジュージューいいながら登場。
鶏肉よりも弾力のあるお肉で結構あっさりめ。スパイスが効いていてカラリと揚がっているので脂っこさがなく食べやすかったです。
それにしてもインドネシアはゴハンをよく食べる国なのでしょうか?!何にでもゴハンが付いてきます。
シーフードバスケットにカレー、このダックのフライにまでゴハンが山盛りで出てきます撃沈(さすがに勿体ないので↑のは要らないとその場でお断りしました)
ビールの後はバリのハッテンワインをボトルで頂き飲みきれず残った分はお持ち帰りして満足満足な1日にポッ

しかし・・オフシーズンに行ったせいかもですが、お客さんが私達以外に最初から最後までゼロ・・唖然ちょっぴり寂しい雰囲気でしたたらーっ

ホテルまでの送迎もしているようで帰りはホテルまで送ってくれたのが有り難かったです車(暗くて道があまりよくないので)



sawape * 旅行:バリ * 17:21 * comments(4) * trackbacks(0) * pookmark

2010年の夏休み:GWK(ガルーダ・ウィスヌ・クンチャナ・カルチュラルパーク)

紫外線がいっぱいの中、スーパーへ買い出しに行きたいというのもあり再び車を4時間ほどチャーター車
買い物だけでは勿体ないのでちょっぴり観光も見るジンバランにあるGWK(ガルーダ・ウィスヌ・クンチャナ・カルチュラルパーク) というなんともなが〜〜い名前の公園?!へ。
ちょうどジャカルタから来ている修学旅行の学生さん達と一緒になってしまい大変な賑わいワッ!
そんな中をずんずん階段を上っていくと靴








作り途中の巨大なウィスヌ像が登場。お〜〜〜〜き〜〜です。
ちなみにウィスヌ像は水の神様だそうです。
10年近く前に出来たらしいですが未だに上半身(しかも手も二の腕より下はない・・汗)しか完成しておらず。
この像も大きくてびっくりですが、こちらから眺める景色もすばらしくキレイラブ高台にあるのでバリ南部の景色がスカッと見えます。
夜は空港に発着する飛行機なども見られてまたキレイなのだそうです。
そんな大きなウィスヌ像の後ろで続きを作っていました↓

















ガルーダの頭。これの上にウィスヌ像が乗っているのが完成らしいです。













出口に完成予想の小さい版が飾ってあります。
こんなの出来たらスゴイ大きさになるコトでしょう。見てみたいな・・ニコニコとちょっぴり思っていたら「予算がなくて中断しながらちょっぴりずつ作っているので完成するまでに100年近くかかるでしょう」とガイドさんからのお言葉唖然・・・さすがにそんなに長生き出来ません・・・ふぅ〜ん











ウィスヌ像の裏は芝生が植えられ広い公園になっていました。石灰岩が切り出された跡が壁として利用されているらしく迫力あります。何故かセグウェイの試乗みたいなのもやっていました。
この中に見晴らしが良く美味しそうなレストランがあったのですが、毎日朝ゴハンをたっぷり食べ過ぎてお腹が空かずだったので次回のお楽しみになりました。









GWKから車で5〜10分走ると私の今回1番のお楽しみだったジェンガラケラミックに到着ラブラブ
美術館のような建物の中にはステキな食器が多々並べられておりハート
日本で購入するよりもかなりお買い得で欲しいモノばかりでしたが、こちらの食器の難点は1点1点がずっしり重いコト。じ〜〜っくり厳選して大事にお持ち帰りして来ました。
機内に持ち込みするにもスーツケースに入れるにも割れてしまうかも・・と心配だったので日本から予めプチプチの緩衝材を持参して行ったトコロ、これがとても役立ちましたひらめき紙で一応包んでくれますがやはり不安なカンジです。余ったプチプチは置物や缶に入ったお菓子などにも使えるのでとっても便利イケテルこれから旅にはプチプチ持参は必須になりそうです。








sawape * 旅行:バリ * 17:21 * comments(1) * trackbacks(0) * pookmark

2010年の夏休み:後半 ビーチへ移動。

夫婦2人してひいてしまったカゼもある程度復活したトコロで早旅行も後半に。モサモサ緑たっぷりのUBUDから潮風吹くビーチへ移動です車
あまり買い物もしていなかったので、チャーターした車でスーパーへ立ち寄ったりして貰いつつ後半のお宿CONRAD BALI(コンラッド・バリ)へ到着家










ゲートからは海など見えず、大きなホテルっぽいけれどさほど大きくも見えずちょっとイメージと違っていましたが、坂道を登って車を降りるとインド洋が見渡せました見る
ウブドと違って若干湿度が高く、気温はだいぶ暑く感じます。
見晴らしのいい場所でウエルカムドリンクを頂きつつ(こちらのはやはり微妙・・くもり)お部屋へ靴











今回お泊まりしたのはデラックスラグーンというお部屋。
テラスから直接プールへ入れちゃいますラブラブ1度こういうプールアクセスルームに泊まってみたかったのですひらめき
ウブドのホテルとさほど広さは変わらない筈ですが、こちらの方がテラスがある分広く感じます。
テラスに出ると向かいの塀や近くの木でリスが戯れていて癒されました温泉








テラスの方からカメラトイレにもちゃんと扉があり、シャワーブースもついていてバスタブも広々。アメニティも豊富で飲料水は毎日4本用意してくれます。ベッドメイク時・ターンダウン時共にアイスペールに氷を補充してくれるという嬉しい心遣いもポッ
驚きだったのが枕。12種類用意されていて好みの枕をリクエスト出来るのです。そのままでも充分心地よい眠りに〜zzzだったのであえてリクエストしませんでしたが、こだわりのある方には嬉しいサービスです。
MAYA UBUDよりも新しいだけあり、ホテル内はこっちの方がかなり快適でした。3泊4日の滞在でしたが、時間とお金が許されるのなら1ヶ月位ここでぼ〜〜っとしてたい程居心地よかったです。














そして恥ずかしながら・・たらーっこちらでもハネムーンギフトプレゼント
フラワーバスとバスソルト・アロマキャンドルのセットが。ウブドでは予め用意されていてすっかり水になっており、掃除してお終いだったのでゆっくり楽しもうかなイヒヒと思いましたが、バラの香りが何ともいえずいい香りでおはなベッドの横のテーブルに置いてそのまま楽しませて頂きました。
お猿のぬいぐるみは宿泊したら貰えるギフト。とっても可愛いけれど1匹では可哀想になってしまい、ショップで別途お友達を買い一緒に連れて帰ってきましたニコニコ










テラスからラグーンへドボンと入り、ずんずん歩いていくとメインの場所へ辿り着きます。こちらのホテルもサンベッドに着くとペットボトルに入った冷たいお水・おしぼり・コールドスプレーを持ってきてくれます。しかもお昼頃には串に刺したフルーツのサービスも赤りんご(あまり甘くなかったけど・・汗













ラグーンプールだけでなくメインの大きなプールもあります。あまり深くないので泳ぎの苦手な私でも安心イケテル
とにかくお掃除が行き届いていて、部屋の前のラグーンもメインのプールも落ち葉や虫が殆ど浮いておらずキレイにされていました。








チェックインをした場所は軽食をとったりバーとしても利用しています。
夜飲み物を注文するとサービスで出てくるピーナツ入りのチップスが美味しかったです(レモングラスが効いていてダンナはイマイチだったみたいですがプシュー)天気がよかったのもあり、プラネタリウム状態に星がいっぱいキレイに見えました月ラブラブ
疲れ目がちょっぴり良くなったような・・

コンラッドはヌサドゥア・ベノア地区で繁華街に出るには不便な場所ですが、のんびり過ごしたいという方には是非おススメですポッ




sawape * 旅行:バリ * 16:03 * comments(3) * trackbacks(0) * pookmark

2010年夏休み:UBUD おすすめデリバリー

バリに到着1日目。夕方5時頃空港に到着した時はまだ明るかったものの、ホテルに到着する頃には真っ暗に汗
チェックインの手続きやらお部屋の説明やらで解放されたのは8時過ぎ・・ムニョムニョ
晩ゴハンは雨が降ってきたし、レストランが沢山ある賑やかな街までは車でないと出て行けないしホテル内で食べようか・・と思ったけれど、荷解きをしたいしレストランでゆっくり食事しているって雰囲気でもなく・・あめ
24時間のルームサービスでいいかなひらめきと考えたもののカゼをひいても欠かせないアルコールがイヒヒホテルの冷蔵庫やルームサービスで注文も出来ますが、当然いいお値段しますくもり

で、思いついたのがPizza Bagusというレストランのデリバリーひらめき
事前にチェックしていてメニューをプリンアウトして持って来てたのです。
こちらだとビンタンビールがスーパーで買うのとそんなに変わらない位リーズナブル。重たい思いをして持ち帰らなくてもいいので助かる。というコトで注文してみました携帯




大雨だし、ちょうど混雑の時間だたのか!?1時間ほどかかると言われましたがさすがバリ時間1時間じゃ全然到着しませんでした撃沈
荷物の整理も終わりぼ〜っとして眠くなってしまった頃にやって来たこちらupピザ屋さんだからピザ食べたい。と思ったけれど、やはり日本のデリバリーピザのようにはいかないようで・・ニョロすっかり冷め切っていて寂しいカンジふぅ〜ん
注文したのはピザ・ビアンカ(5種のチーズとハム・バジルのビザ)スモールサイズ、ビーフフィレステーキ200g(マッシュポテト&ほうれん草添え)、ミーゴレン(チキン&シュリンプ)、シーザーサラダ。
シーザーサラダは塊から削ったパルメザンチーズとクルトン、ドレッシングが別添えになっています。アンチョビとオリーブオイルのドレッシングがオイリー過ぎてイマイチでしたが、お肉などと一緒に野菜だけ食べたので問題なし。お肉は200gじゃないでしょ〜ワッ!というボリューム。噛み応えのある外国ちっくなお肉でしたがビールのお伴には悪くないディナーてんこ盛りのマッシュポテトとほうれん草の付け合わせが美味しくてこんなに食べられるかたらーっと思ったけれど食べきってしまった。
ピザ屋さんだけれど一番美味しかったのがミーゴレンイケテルこちらはまだちょっぴり温かかったせいか?!ピカイチでした。これも又こんなに沢山。というボリュームだったけれど2人で完食。しかも夜の22時過ぎ・・ピピピ

バリは物価がどんどん高くなっているらしく、こちらのお店もメニューに書かれているよりも値上がりした模様(デリバリー料金だから?!)
といってもupの料理にビンタンビールの大瓶・小瓶各4本で3.000円弱という嬉しいお値段ラブラブ
次回はお店にもお邪魔出来たらと思います。
       
ウブドの町歩きであまりに暑くて途中で休憩した所で。


予めメモしていたお店が近くにあったのでそこへ行ってみようと思ったら無くなっていた・・唖然
もう探すのも面倒だったので数メール先にあったお店で一息プシューなのでお店の名前が思い出せません。
ビンタンビールと一緒に頼んだのがこちらのチキンナゲット。マ○クのナゲットっぽいのを思って食べたら胸肉を揚げた竜田揚げっぽいお味。ジューシーで美味しかったおはなケチャップがついてきますが、サンバルをもらって食べた方が断然美味しかったです。









フライドチキンというのを注文したら、手羽先の唐揚げが出てきました。味がしっかりついているのでこちらはケチャップなど付けずそのまま食べても充分美味しいモグモグ
これは居酒屋でよく食べるのと良く似ていてホッとするお味温泉
暑くてビールが美味しいのに、ますますビールがすすみました。











こちらのアイスクリームはウブドではなくクタで食べたのですが、今回アイスクリーム特集が出来るほどアイスを食べていないので一緒にカメラ
コールドストーンアイスクリームに行ってきました。
日本にも何店舗かあって行ってみたいと思っていたのですがなかなか実現出来ず・・悲しいバリで初めて食べられました。
開店したばかりらしく、プロモーションをやっていてワンサイズUPしてくれるというので迷わず頂きますソフトクリーム
コーヒーアイスをベースにキャラメルソースやココアクッキー・スライスアーモンドをミックスしたのを。最初の1/3位はおいし〜〜〜ときめきと喜んで食べていましたが、甘いモノ大好きの私にも途中からかなり甘くなり・・くもり日本のコールドストーンアイスクリームもこんなに甘いのでしょうか?!やはり再度チャレンジしてみなくちゃです。
お皿になっているワッフルコーンは、サクっと軽めでバターの香りが効いてこれだけお土産に持ち帰りたい位絶品でした拍手

次はUBUDから後半のビーチへ移動です車


Pizza Bagus
http://www.pizzabagus.com/pizza_bagus_japanese.htm



sawape * 旅行:バリ * 17:43 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

2010年夏休み:UBUD ホテルゴハン 

UBUDへは3泊4日滞在しましたが、2人とも体調がイマイチだったので食事は氷入りのドリンクを飲んでも安心なホテルで全て頂きました。
行ってみたいと思うレストランが何件かあってメモをして行ったのですが、それは次回のお楽しみというコトで・・ポロリ













朝食はレストランでバイキング。種類が沢山あって毎日が朝から満腹・・てれちゃう(カゼをひいても食欲だけは朝からモリモリ旺盛で汗







ジュースも沢山種類がありました。オレンジは定番であとはマンゴーやパッションフルーツ・イチゴ・ミックスなど日替わりで5〜6種類位。席に着くとコーヒー・紅茶ポットでテーブルまで持って来てくれました。
ドリンクだけでもお腹がたぷたぷですパクッ









開放感のあるレストランで気持ちがいいのですが、外との境界が無い分どうしてもハエさんがやって来ますので、私は食べる分をその都度ちょこちょこチビチビ持ってきて食べていたのであまり盛りが栄えず。
ダンナが美味しいと感動して毎日たっぷり平らげていたカレーを1枚カメラ
その後移動したホテルの朝食にはカレーはなく、レストランでインドネシアのカレーを注文した所サラサラのスープのようなカレーで、ここのカレーはとにかく絶品だった模様イケテル(特に野菜がゴロゴロ入ったベジタブルカレー)











ホテル内を散策していたら、お日様が出ていなくても暑くて暑くてバナナシェイクで一息温泉タイでも良く飲みますが、こちらの方が甘さ控えめで美味しいひらめき家で作るバナナシェイクみたいなそぼく〜〜なお味で。
マンゴーシェイクを牛乳ではなく豆乳でお願いしたのも飲みましたが、こちらも甘さとっても控えめ。豆乳は日本の豆乳よりもクセがあり最初の一口はん??ムニョムニョと思いましたが、飲んでいるうちに独特な豆の香りにも慣れて美味しかったです(が、豆乳だけで飲みたいとはさすがに思えませんでしたプシュー






夕食は到着日以外の2・3日目共ホテル内のバー&レストランで頂きました。2日目は麺の入ったソトアヤム(鶏肉のスープ)とインドネシアの前菜系料理が少しずつ盛られたプレートを食べましたが、盛りつけが素晴らしく。・・でもカメラのバッテリーが完全に切れてしまい撮れませんでした・・・悲しいと〜〜っても残念・・あめ
前菜の盛り合わせには何故かお寿司ものっていて、バリで寿司など食べたくないわ〜と思ったものの食べてみると意外にも美味しくびっくり日本のお米に似て水分が多めのちょっぴりもち米に似たカンジなので違和感なく頂けました(添えられたガリも甘酢で美味しかったイケテル
upは3日目のゴハン。お酒を注文するとチップスとピーナッツも一緒に出てきて、それが美味しいくおかわりしてたらあまりお腹が空かなくてガドガドとサテをお伴に晩酌を熱燗






カドカドはインドネシア料理で温野菜にブンブ・ガドガドというピーナッツソースをかけたサラダ。あまり好きじゃないかも・・と思って敬遠していましたがせっかくだから注文してみると美味しかったグッドお店によって様々なようですが、ここのは盛りつけもキレイでソースが別添えになっているので好みで調節できます。このソースピーナッツ味噌っぽい味で初めて食べる気がしないカンジ。野菜だけでなくテンペのフライや厚揚げも入っていて植物性タンパクも採れてしまう栄養満点サラダみたいです。
サテはゴハンなどとセットになっていたのですが(こっちの料理には何にでもゴハンがついてくる食事)ゴハンは要らないのでサテだけ食べたいとお願いしたら応えてこれました。値段はそのままなせいか10本以上出てきてボリュームたっぷりワッ!日本で食べる焼き鳥のようでこれも美味しかった。炭火で焼いているせいか香ばしく、タレも甘すぎず焼き鳥は断然塩派ですがこのタレなら塩よりこっちと言いたい程ラブ










サテを肴に晩酌をしているとケチャダンスもみられちゃいました。
わざわざ見に行きたいという程興味があったワケではないけれど、ホテルの中で鑑賞出来るのならラブラブとしっかり観させて頂きました。
そして最後は写真撮影会見る

体調万全だったらあまりホテルに居ずあちこちフラフラしていたと思うので、ホテルでの生活を満喫するのならややカゼ気味位が丁度よかったようですポッ

sawape * 旅行:バリ * 16:51 * comments(3) * trackbacks(0) * pookmark

2010年の夏休み:UBUD(ウブド) まち歩き

2人でカゼをひいていたので、行ってみたいと思っていた場所などあまり行けず・・くもりのんびり町歩きだけはして来ました靴
ビーチから車を1日チャーターして来る方が多々いるというだけあり、1日あれば確かに満足できるかな。というカンジ。
とにかく歩道が舗装されておらず、凸凹道で時たま大きな穴があり、グラグラしていたりとお店に気をとられるとキケンです困惑





こちらは行きたいと思っていたブラット・ワンギの石鹸工場。ホテルから比較的近い場所にあり、歩いて行けるかな?!距離でしたがホテルの車で近くまで行って貰い(途中から車の入れる道じゃなくなるので)そこから歩くことに。
こちらもまた急な坂道を上り、田んぼの広がるあぜ道を歩き・・とのどかな田園風景の広がる場所をヨタヨタ歩くこと5分ほどピピピ
学校の跡地のような白い建物を発見。
チラッと見ると楽しそうに作業をしている方々がラブラブ
石鹸を分けて欲しいと伝えると優しい笑顔で2階の石鹸売り場へ案内してくれます。が、思ったよりも品薄で・・ポロリ欲しいと思ってメモしてきた石鹸も無く・・
と言ってもお友達のお土産も含めしっかりお持ち帰りさせて頂きました。







地元の人も利用しているらしいスーパーマーケットデルタデワタ。
現地のお菓子はお手頃価格ですが、輸入モノのお菓子は目の飛び出るお値段でびっくりSNYDER'Sのプレッツェルが500円近くしていた・・ワッ!(箱ではなくミニの袋ですよ)カルディに行けば5袋買えちゃうお値段汗





スーパーを通りもう少し歩くとあるSpa Hati(スパ・ハティ)お手頃なお値段で評判が良かったので、予め日本から予約をして行きました。
今回は90分のラブ・ミーというコースを。
とっても気持ち良かったのですが、なんせこの時は2人共酷い風邪っぴきだったので俯せに横になっているのも辛い状態で(咳&鼻水が・・ムニョムニョ
そんな中でもしっかり揉みほぐして貰ったせいか、その後体が軽くなり翌日は外を散歩出来るまでに復活グッド
スパの後にジャクジーとミストサウナ利用出来だのが良かったです。
近くに滞在の際は是非。オススメですハート












悪戯がスゴイと噂に聞いていたし、猿にあまり興味もないので行きませんでしたが、モンキーフォレストの前にはお猿が沢山ウロウロしています。
人に慣れているので近くで写真を撮っても全く動じずプシュー










ブラット・ワンギの石鹸工場に行くので予定に入れていなかった石鹸屋さんKOU(ブラット・ワンギの石鹸工場で作られているのです)買い足りなかったので急遽立ち寄って来ました。
笑顔のステキなお姉さんが色々説明してくれ、お土産も含め今回の旅ではこちらのお店で一番沢山お買い物をして来ました。









ウブドからビーチのホテルへ移動の途中、チャーターしたタクシーのガイドさんに木彫が見たいとリクエストしたら連れてってくれた工房。舞台のような大きな場所で皆さんマイペースに大きな作品を彫り彫り。あまり興味なかったけれどスゴイ迫力に驚きました。ダンナは言うまでもなく大興奮ラブラブ
欲しいと言われても大きいし持ち帰れないし家に置く場所ないし、何よりもお値段が・・・・たらーっというコトで諦めて頂きましたパクッ














こちらも車で移動の途中に連れて行って貰ったシルバーの工房。ガムランボールが欲しかったのでじっくり見させて頂きました。
とっても細かい作業を全て手でやっていてこちらもスゴかった。














バーナーで炙りつつ作っていたトンボ。
写真を撮らせて欲しいと言うと皆さんイヤな顔一つせずど〜ぞど〜ぞととっても親切で。

今回の旅はとにかくバリの人達の親切さ&優しさがいっぱい感じられたのが一番思い出になりました(ちょっぴりだけイヤなイメージを持っていた自分に反省です・・汗



sawape * 旅行:バリ * 16:10 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ