お正月旅行:ホーチミン

JUGEMテーマ:旅行
ホーチミンの旅、最後はホテルで食べたモノを
部屋数が少ないのでレストランは1カ所のみ。朝ごはんを食べたレストランで夜も頂きます。ドリンク類は隣接するバーコーナーのような所で作っているようですが、食事は少し離れた場所にガラス張りの厨房がありそこで作って運んでいるようです。

食事を注文すると朝食と同じパンセットが出てきます
アジア料理とパンって・・と思いつつ熱々でムッチリ美味しいのでついつい手が伸びてしまいます
 
夜もフォーを食べてみました。こちらはチキン
鶏肉いっぱいでお酒を飲んだ後の〆にぴったりなやさしいお味
でもやはりビーフの方が断然美味。鶏肉がちょっぴり固くて淡泊なのでビーフの方が出汁にもジューシーさがあるような
やっぱりここでも頼んでしまったソムタム風のサラダ。
ぱっと見少ないわ〜と思ったけれど、ギュッと真ん中にまとめてあって解すとたっぷりな量で。タイで食べるのとは違って辛くないのでパクパクいけます。激辛好きですが、これは辛くなくても美味しいってコトで唐辛子なしで頂きました。
そういえば春巻きを食べていない。と思い注文
生春巻きと迷ったけれど、ライスペーパーが美味しくなかったりするコトもあるようなのでハズレの無さそうな揚げ春巻きを。
小さいけれどぎゅ〜っと巻いてあって中がみっちり詰まっていますこれがカラっと揚がっていておいし〜〜。そのままでも味がしっかりついているので美味しいのですが、チリソースを付けるとエスニック度UP思わずビールおかわりです
 
ここでも最終日にビーフサラダを
ハーブ系が控えめで食べやすいお味。ちょっぴり赤身の残ったお肉はやはり美味

サラダばっかり食べています・・最後にシーザーサラダ。
こちらは思ったよりもボリューム少なめでもロメインレタスが新鮮でシャキシャキです。クルトンはイマイチだったかな。最初に出てくるパンのソフトフランスで作った方が美味しいのでは(←余計なお世話)
部屋付けにしていたので、細かい金額は忘れてしまいましたが↑だけ食べて食事の際にビールとワインを少々、お昼にラウンジでカクテルを2杯ずつ飲んで精算が12.000円弱也
空港まではタクシーで行くのも考えましたが、荷物もあるし何かあったらちょっぴり心配・・っていうのもあり割高ですがホテルの車で送ってもらうコトにしました。別途US$55割高ですが安心料だと思えば。運転手さんもいい人で、空港内は何でも高いから買い忘れがあったらと途中でコンビニに立ち寄ってくれました
とってもステキなホテルだったのでまたお邪魔したいな〜と思うのですが、ここのホテルは宿泊料がUSドルなのよねぇ只今円安進行中なのでどうなることやら・・(ちなみに精算時のレート=84円弱)
 
定刻通りにホーチミンを出発して無事に日本へ到着
あまりの温度差に今年もやはりカゼひきました
ベトナムは思っていたよりもいいトコロで今年の夏休みはタイにしようかと思っていたのですが、再びベトナムの航空券を買ってしまいました
まだまだ先ですが楽しみです
sawape * 旅行:ホーチミン * 15:49 * comments(4) * trackbacks(0) * pookmark

お正月旅行:ホーチミン

JUGEMテーマ:旅行
ホテルを移動して2日目。何にもしないでの〜〜んびり過ごそうと思ったけれど、貧乏性のためのんびりにも限界が・・翌日は夜日本へ帰るのでそれこそまる1日のんびり過ごせるというコトでやはり街へ散策に
 
ホテルから午前1便・午後2便船で中心地まで送迎をしてくれます。14時頃に乗船して帰りは18時頃に再びピックアップしてくれるというのをお願いして昨日までいた場所へ再び〜

車だと1時間近くかかってしまいますが、船なら20分位で到着します。ちょっとしたクルージング気分も味わえて快適です〜
 
あちこちでどんどん↑のような高層ビルの工事をやっていて、これからどんどん発展していく気配を感じます。そんな景色を眺めているうちにあっという間に到着
もうお買い物も一通りしてしまったし、そんなに欲しい物もなかったので3時のおやつのような時間ですが早々と晩酌タイムに
2日目にたまたま通りかかってなんとなく気になっていたお店へ。なのでお店の名前がわかりません・・入り口を入ってすぐの所はバーカウンターっぽくなっていて、テレビのスポーツ中継を見ながらビールを飲んでいる方々が
 
中庭のような↑を挟んで奥はテーブル席になっていて奥は中華料理屋さんっぽい雰囲気。
私達は中庭のすぐ横のテーブル席に座らせて貰いました。
ハッピーアワーでドリンクがお得になっていたのでまずはビールを頂きます

スパイシービーフサラダVND119.000
今回の旅行でよく食べたメニューです。ベトナムはチキンよりビーフの方が美味しいようなこういう薄切り肉ってパサパサ&ボソボソなイメージでしたが、ホーチミンで食べたお肉は薄切りでもちょっぴりレア目でジューシーフォーに入っている牛肉も赤身肉ですが、やはりローストビーフのようにちょっぴりレアで美味しかった
香菜などのハーブ野菜とニョクマムのドレッシングがよく合います。こちらのお店は甘酢に漬けたらっきょうのようなのも入っていて、ピクルス代わりのようなアクセントになっています。一緒にエビせんべいが付いているのもうれしい
エビの土鍋炒め煮VND139.000
お値段がお値段なので仕方ないのですが、これは思っていたのと違うカンジで・・・海老もかなり小さめだし味が濃いコト・・中華料理っぽいお味?!ゴハンをガバっと入れて混ぜ混ぜして食べたら美味しいかな。と思いましたがまぁいいかとそのまま頂きました。ビールがススミます。
 
大好きだけれど、今回まだ食べていなかった空芯菜炒めVND55.000
これは間違いないお味。シャキシャキでやっぱり美味しいわ〜
 
お会計↑のお料理にビール小瓶×3・グラスワイン×2(99.000VND/1杯)・アイスコーヒー(30.000VND)
税・サービス料込で801.570VND(約3.200円)

明日は夜帰ってしまうので、まだデザートなども食べたいトコロでしたがお迎えの時間がそろそろとなり置いてかれてしまうとタクシーの運転手さんに説明するのもまた一苦労となりそうなので、ホテルでスーパーで調達したお菓子とビールで2次会をするコトにして再び桟橋に戻ります。
暗くなるとバイクの間をすり抜けて道を横断するのもちょっぴりスリリングでしたが何とか桟橋まで戻って来ました。
ちょうどクルージングディナーの時間らしく沢山の船がお迎えに来ていました。
 

私達は小さな船にのり再びホテルまで〜
この夜景ともとうとうお別れです。今度遊びに来るときはもっと都会になっているのでしょうね
sawape * 旅行:ホーチミン * 17:27 * comments(4) * trackbacks(0) * pookmark

お正月旅行:ホーチミン

JUGEMテーマ:旅行
アンラムサイゴンは本当にゆっくりとした時間が流れていて、読書をしたりボーッとしたり何も考えずに過ごすにはピッタリの場所でした

 
水草は大量に左右交互にの〜んびり流れて行くにも関わらず↑のように大量に積んで運んでいる人も見掛けます。
一体何に使うのでしょうか・・
2枚とも朝食場所のレストランにて。
このホテルは奥まった場所にあるので、車の音など全然聞こえません。船のモーターの音かにわ鳥の鳴き声位
部屋数が少ないのでメニューから食べたいものをお願いすると作ってくれます。
思った以上に種類が豊富で迷ってしまいます〜

席に着くと温かいパンのセットが登場
こちらのホテルもクロワッサン美味しいですソフトタイプのバケットもモチっとしていて粉の味もしっかり。

パンと共にフルーツも↑のセットが毎日出されます。
もっとフルーツが食べたい方は別途メニューからリクエストすれば出てくるようです。スイカがと〜っても甘くてジューシーでしたが他は・・・・パイナップルは美味しいかと思ったら固くて甘くなくて残念・・というコトで2日間スイカだけしか食べませんでした。

コーヒーも色々リクエストすれば出してくれますがやっぱり私達は練乳入りアイスコーヒー。苦みと甘みが絶妙〜〜ベトナムの練乳は日本のよりもドロっと固くてなかなか混ざりません。ここのホテルのはちょっと練乳が多めだったので分で調整しながら混ぜて頂きましたが、底に残っているミルクを洗うの、大変なんじゃないかな〜と余計な心配が
アイスカプチーノもお願いして作ってもらいそれはそれで美味しかったのですが、やっぱりこっちが美味。
私達は飲みませんでしたが、フレッシュジュースも何種類かありオーダーすると持ってきてくれます。
洋食メニューからオムレツ。
トマト・オニオン・チーズなどなど。キレイなお姿で〜中はトロッと柔らかく絶妙な火加減でお野菜も新鮮で普段日本で食べているのと何ら変わりなく。バルサミコ酢ベースのドレッシングが掛かっています。そのままでも充分ですが、トマトケチャップが添えてあると美味しさ更にUPだったかな・・
エッグベネディクトもポーチドエッグの形は置いといておいし〜〜〜
過去に何度か旅先でチャレンジしましたが、どこも残念なカンジばかりで・・・今回も少し不安がありましたが理想的なのが登場しました。
ソースの上が軽くバーナーで炙ってあるものの、中の黄身は完璧な状態。下に敷いてある茹でたほうれん草が濃厚なソースと合います
付け合わせのサラダはオムレツと一緒でした。

 
デザートにワッフルなど。
キャラメルソースとフルーツが添えられてきます。
これはレンジでチン?!カリッとフワッとどころか弾力あり過ぎでナイフを入れるにも大変よ
大好きなキャラメルソースも何か独特の香りがしてちょっぴり苦手なお味。
申し訳ないと思いつつ、殆ど食べずに残してしまいました。

洋食も美味しかったのですが、翌日はせっかくなのでベトナム料理の朝食にしてみました。
続きを読む >>
sawape * 旅行:ホーチミン * 16:43 * comments(5) * trackbacks(0) * pookmark

お正月旅行:ホーチミン

JUGEMテーマ:旅行
パークハイアットサイゴンをチェックアウト後次のホテルへ向かおうとしたものの、少し離れた場所にあるようでタクシーの方はもちろん、ホテルのドアマンの方も全く判らないようで・・・地図などで調べてやっと場所はなんとな〜〜く理解した模様・・・一抹の不安を覚えつつも乗車。揺られること小一時間・・運転手さんは近辺の民家に聞きつつ、ちょこちょこ迷いなんとか到着(今回のタクシーもぼったくりされることなく、民家に居行っている停車中はメーターもちゃんと止めてくれていい運転手さんでした
確かに判り辛い場所にあります。
An Lam Saigon River
Private Residence
というお宿。ホテルの扉を開けて外に出ると散歩などするような場所もなく。こんな所にこんなホテルが(失礼)というカンジ。


わさわさ緑が生い茂っていて空気も幾分美味しいような座って休憩するような場所が所々ありますが、人が少ないので座っていてもなんだかちょっぴり寂しいカンジ。
ヴィラを含めて15室しかないホテルなので、チェックインするのもそんな休憩所の1つで。そこはレストランの隣なのでラウンジっぽい使い方?居心地が良く、私達も読書をしたりお酒を頂いたり1番長い時間居座っていました
 
プールもありますがあんまり入ろうって雰囲気でもなくお水はキレイになっていました。
プールの奥の階段を上がって右側が私達のお世話になったお部屋。プール付きのヴィラでお籠もりしたいトコロでしたが、予算上ムリというコトで・・

普通のお部屋とはいえ我が家よりも広く
入って直ぐの玄関代わりのような場所だけでビジネスホテル位の広さはありそうな。ソファーもベッドになる位大きくて程よい硬さ。ここにごろ〜んとなってお菓子&ビールで結構ゴロゴロしていました
チェックアウトもこちらで。
最終日は夜発だったので18時迄のレイトチェックアウトをお願いしたのですが、その後も出発までお部屋を使わせて頂け助かりました

4人位川の字で眠れてしまえそうな位大きなベッドにこれまた大きすぎる枕(でも気持ち良かった)天蓋付きのベッドって今まで使うことなく、このままの状態でお飾り状態でしたがこちらのホテルは蚊が沢山いたので大活躍ただの飾りみたいなモンだとバカにしていましたがスゴイですね〜完全シャットアウト出来ます。
ハネムーンってこのホテルには言わなかったような?!
まぁステキにお飾りして頂きました。ターンダウンでお片付けしてくれるのでしょうが、そのまえに移動で疲れてゴロンとなりたかったので花びらのお片付け。
キレイで嬉しいですが、片付け結構面倒です・・


ダブルシンクので嬉しいのですが、蛇口とボウルの距離が離れているせいか?!周りが水浸しになります。虫除けスプレーも用意してありかなり愛用させて頂きました。メンソレータムの海外仕様??ラベンダーの香りでシュッとした後もベト付かず、しかも本当に蚊が寄りつかず自宅にも欲しいと探してみたもののスーパーなどで見当たらなくて・・残念・・
そしてこちらの花びらもお掃除が面倒。
 
大きなバスタブとは別に広々したシャワーブースもあり水圧もOK。ちょっぴりお湯が冷ためだったのでホテルの方に伝えた所、直ぐに来て何やら弄ってカンペキ。
バスタブにジャグジーが付いているようですが、使えないようにか?壊れているのか?ボタンは外してありました。サムイで試しに使ってみたら、以前に使用したらしいフラワーバスの残りが穴に詰まっていたようで大変な目になったので別に構いません〜

オープンして1年ほどという新しいホテルですが、元々あったのをリノベーションしたようでそんなに新しさは感じませんがキレイにお手入れされていて快適に過ごさせて頂きました

目の前はこんな長閑な風景が延々と。前半は賑やかで街歩き中心だったので、残りの半分は私がイメージしていたベトナムの景色を眺めつつゆ〜っくり過ごしたいと思います

 
sawape * 旅行:ホーチミン * 17:16 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

お正月旅行:ホーチミン

JUGEMテーマ:旅行
ホーチミン3日目。翌日は再びホテルを移動するので早起きして行動開始です

サイゴン大教会(聖母マリア教会)
19世紀末に建てられたという歴史ある建物です。内部のアーチ型天井と美しいステンドグラスは必見らしいですが・・見ませんでした

暑い中わっせわっせと歩いて目的地へ到着
戦争証跡博物館
ベトナム戦争の歴史をあまり知らなかったのでお勉強に・・

実際に使用された戦車や戦闘機なども置かれています。
色々考えさせられ、お勉強になりました。

近くにあったカフェで休憩
ソファの座り心地もよく、マンゴースムージー(VND70.000)を飲んだのですがこれもまた美味しい
ダンナはベリーバニラチラー(VND75.000)というのを注文。これもまた甘いですが歩き疲れた後には嬉しいお味。ス●バまではいかないものの、ベトナムの物価としてはややお高め?!と思ったら関西にもお店があったりするんですね。地元のコーヒーショップかと思っていました・・東京にも是非進出して欲しい。

こちらはベトナムのドトー●コーヒーのような存在なのでしょうか?!あちこちに見かけたHIGHLANDS COFEEというお店。私たちもかなり立ち寄りました。
バインミーとコンデンスミルク入りアイスコーヒーを。手前は新商品という魚のすり身ディルソース。奥はハムと人参のなますの入ったトラディショナル。香菜が効いていてアジアンテイスト。パンもソフトタイプのバケットで食べやすくどちらかと言えばやはりトラディショナルかな。 
こちらのコーヒーが美味しくて行かれる予定の方は是非お試し下さいませ〜
ちなみにバインミーとアイスコーヒー、サンドイッチとセットにできるというフレンチフライをお願いして2人でお値段VND136.000(US$6.529)約550円。フレンチフライはかなり残念なカンジでした・・

この日の夜は国営百貨店内のスーパーへお買い物に行きつつ、近くのSH gardenというお店へ。とってもレトロそしてちょっぴりコワイエレベーターに乗って4階へ行き、さらに階段でもう少し昇ると屋上にお店があります。
明るく解放感があっていい雰囲気

残念ながらこちらのお店はハッピーアワーの時間はないようです
ハイネケン小瓶(VND50.000)で乾杯の後は赤ワインをグラスで(VND135.000)グラス2杯分位の量でおかわりしなくても満足してしまいました。
ちなみに奥に見えるウエットティッシュは有料です(VND2.000)ウエットティッシュ持参していたのですが、つい無意識に使ってしまいました

GA TA ROTI:ローストチキンVND195.000
ローストチキンなんですが、ローストした後煮込んで味付けしてあります。豚の角煮のチキン版というカンジ?!鶏肉はお箸でホロっと解れてしまう程柔らかくて、味付けも中華っぽく馴染みにあるお味です。

MIEN×CUA:カニ入り春雨炒めVND145.000
見た目はよくわかりませんが、ほぐしたカニ肉が沢山入っていています。別添の少し辛めのソースをタラリと垂らせばさらに美味しさUP

GOI BUOI:ザボンのサラダVND175.000
あまりフルーツサラダって好んで食べないのですが、ベトナム料理の↑は美味しいという情報があり頼んでみることに
これがホントにおいし〜〜干しエビや人参なども入っていて、横にあるエビ塩を付けつつ頂くと一人で全部食べてもおかわりしたい位一緒に出てきたエビせんべいも、タイで食べるのより厚みがあって好み

この日も満足満足でお会計税・サ込でVND802.000(約3.200円)

ちょっぴり涼しくなったので再びお散歩&ホテルの近くのスーパーマーケットでお買いものなど。

 
VINCOM CENTER1階にエンポリオ・アルマーニカフェを発見
日本では敷居が高くてなんとな〜く入り辛いですが、こちらは少しおしゃれな喫茶店感覚で。ダンナはノンシュガーのアイスコーヒー(VND59.000)私はマイタイを(VND106.000)スッキリ&フルーティーで美味お腹は満足していたので、↑だけ飲んで帰りましたが、税・サ込で約760円とアルマーニカフェらしからぬお値段で・・食事もしつつもう1回位お邪魔したかったです。
翌日は再びホテルを移動です

sawape * 旅行:ホーチミン * 17:06 * comments(4) * trackbacks(0) * pookmark

お正月旅行:ホーチミン

JUGEMテーマ:旅行
ホーチミンの中心部まで来たので、荷物をちょっぴり片付けたら早速周辺散策など 

バロック様式の市民劇場は1898年の建設当時を忠実に再現した建物だそうで。通常は中に入れませんが週末の夜などは公演を行うこともあるそうです。

ドンコイ通りをフラフラ歩きつつサイゴン川まで。
通りを横断しないと遊歩道のような所まで辿り着けないのですが、ウワサで聞いていた大量のバイクでなかなか渡れません〜〜〜
帰る頃にはほんのちょっぴりだけ慣れたかな?!というカンジですが、夜は暗くて恐怖倍増です

バイクの恐怖&暑さでヘトヘトになってしまったので早くも休憩に・・と思ったら、サイゴン川周辺には気軽にお茶を飲めるようなお店がなく
せっかくなので、気になっていたホテルへ入ってみることにしました。
由緒あるコロニアルホテル:マジェスティック

中に入るとステンドグラスとシャンデリア・クリスマスツリーがお出迎え。
華美なロビーではないけれどコロニアルな雰囲気(どんな雰囲気?!)
1926年の創業で第2次世界大戦中は日本軍の兵舎として、ベトナム戦争中はジャーナリスト達の拠点として使用されていたそうです。

旧館5階に行き、開高健がいつもマティーニを飲んでいたといわれるブリーズ・スカイ・バーで私達も1杯・・と言っても暑いのでタイガー

行き交う船と遠くにどんどん建っている高層ビルを眺めつつぼーっと過ごすには最高の場所でした。由緒あるホテルで美味しい生ビールを頂きましたが、税・サ込でVND251,790(約1,000円)リーズナブルに歴史をちょっぴり感じるコトが出来ました

水分補給をして再びほんの少し街歩きをしたら普段の休日同様、15時〜16時頃になると早くも晩酌モードに。せっかくなのでベトナム料理を。と泊まっているホテルのすぐ傍にあるHOA TUC(ホアトック)というレストランへ
フランス領時代はアヘン工場だった洋館を利用したレストランで居心地良いです〜。

室内席と屋外席と両方あり、私たちはお外の席へ。
ソファーの後ろはバーコーナーっぽくなっていて、店員さんがカクテルを手際よく作っていました。
こちらのお店、嬉しいことに15時〜18時迄ハッピーアワーでドリンクが40%OFFに
まずは日本のブランドサッポロビールとハイネケンで乾杯

青パパイアのサラダVND115.000
タイのソムタムに似たお味。こちらのは辛くなくて食べやすい周りに添えられているのは何かと思ったらイカのフリッターで。これもまた外はサクっと中はムニっと小さいながらもジューシーで美味

牛肉・キンカン・茄子のピリ辛サラダVND135.000
キンカンのサラダって・・と思ったのですが、これがとっても美味しくて日本のキンカンよりも甘さが控えめで香りが良くライムっぽいような・・茄子は生のまま入っていましたが灰汁もなくて食べやすく。香草野菜と牛肉って合いますね〜

エビ・豚肉入りのバインセオVND105.000
大きなモノを想像していたら可愛らしいサイズで登場。メニューで確認すると、大きいサイズも別途あるようです。この位の大きさの方が結果的に食べやすくて良かったです。
別添えのチリソースっぽいのを付けて頂くのですが、これまたおいし〜〜
米粉が入っている生地は少しモチっとしていて、小ぶりながらもプリプリのエビと豚肉が中にしっかり入っています。お野菜もたっぷり食べられてヘルシー。

上の3品にサッポロ&ハイネケンビール小瓶×各1
グラスワイン赤×2
ロングアイランドアイスティー×1
を頂いてお会計:税サ込VND640.794(US$32.04)約2.800円
ハッピーアワーのお蔭で大変リーズナブルに頂きました〜

腹ごなしに再び少しお散歩をしたら、2次会へ    
続きを読む >>
sawape * 旅行:ホーチミン * 12:18 * comments(3) * trackbacks(0) * pookmark

お正月旅行:ホーチミン

JUGEMテーマ:旅行
モーベンピックホテルから車に揺られて20分位?!初めましての景色にキョロキョロ目を奪われているうちに2軒目のホテルへ到着
インチキじゃないメータータクシーでVND300.000(1.200円位)何かと問題が多いらしいと聞いていたので若干不安もありましたが、キチンとした運転手さんだったので、端数をチップで受け取って頂きました

 
Park Hyatt Saigon(パークハイアットサイゴン)これから2泊お世話になります
泊まってみたいホテルが沢山あってあれこれ迷いましたが、場所も雰囲気も良さそうなこちらへ。
11頃に到着したにも関わらず直ぐにチェックインさせて頂きました


予算の都合上一番リーズナブルなお部屋となりましたが、とっても使い勝手がよく居心地のいい空間〜広さも狭すぎず・広すぎず。

ビジネスマンには嬉しい大きめの机は私達のべんりな荷物置き場となりました

こちらからも嬉しいハネム〜〜ンのプレゼントホテルオリジナルのアロマキャンドル。メッセージまで添えて下さいました・・スミマセン・・
写真だとよく判らないと思いますが、このキャンドル結構重たくて。帰りのスーツケースの重量がオーバーにならないかちょっぴり心配に(無事に持ち帰りできました

クローゼットを開けるとバスルームがこんにちわ両方から出し入れできるようになっていてとっても便利でした。アメニティなんかも驚くほど豊富で、歯ブラシも磨きやすいコンパクトサイズボディスポンジがヘチマなのが嬉しい。でも使ってみると痛いこと・・・1回で終了・・
バスルームは洗い場があってガラス張りなものの独立化。やっぱりこういうお風呂の方が落ち着きます
 
洗面所はこちらもダブルシンクではないものの、使いやすく充分なスペース。
小さな鏡の前に自分で持ってきたドライヤーとスマホの充電コンセントを置いておいたのですが、ターンダウンの際に必ず輪ゴムでどちら共キチンと束ね、直置きにならないようにさりげなく布が敷いてあったのには驚きました(しかも2日間共)
しかも更なる驚きは、バスルームに置いてあった使いかけの残り少ないメイク落としを(自分で持参)使いやすいように逆さまにしてあったり
ステキなホテルってちょっとした心遣いが常々あるのですねぇ・・
今度来た時も絶対にココにお泊まりしたいと思っております。

プールビューな筈なのですが部屋の場所が高すぎたため、半分位しか望めません・・
繁華街のど真ん中にも関わらず、ここに居るとさほど騒音も感じずゆっくり過ごすコトが出来ました。
プールは空いているというウワサだったのですが、それほど大きくないというのもあり結構な混雑1日だけサンベッドが取れたのでゆっくりしに行きましたが、冷たいジャスミンティーをサービスしてくれたり快適〜もう少しゆっくり滞在出来たらここで1日ぼーっと過ごすのも悪くないのですが、何せ2泊3日なのでそんなにマッタリしてられません。

評判の朝ごはんは確かにどれもおいし〜〜
ハムやサラミなどはショーケースの中に塊のまま入っていて、お兄さんにお願いするとその場でスライスをしてくれます。ジュースもどれもフレッシュで、スイカジュース美味しかった。
そして何よりも美味だったのがパン類フルーツたっぷりのカンパーニュやクロワッサン、サーモン&チーズと一緒に食べたトーストなどどれもホントに美味しくて(ドーナツは普通・・)
全くお正月っぽくない食事ですが、休日のゆったりとした時間を過ごすことが出来ました

夜はホテルがライトアップされてまた違った雰囲気に見えました。
部屋数も少なめでフロントも小さめのこぢんまりとしたホテルですが、それが却って居心地良くお財布と時間が許すなら1ヶ月位居させて欲しい・・



sawape * 旅行:ホーチミン * 15:36 * comments(4) * trackbacks(0) * pookmark

お正月旅行:ホーチミン

JUGEMテーマ:旅行
2日目。若干寝不足感があるものの、お休みとなるとそんなの何のその
とっとと起きて行動開始します

ホテルのお部屋は大きめの窓で解放感があるものの、やはり街中なので景観は感動するコトもなくプールは早くも泳いでいる方がいらっしゃいました。

 
新年を迎えましたが、マレーシア同様ベトナムもクリスマスツリーがあちこちに飾ってありました。
こちらのホテル、カジノもあります。ゲームセンターかと思って覗いてみると若干違う雰囲気で・・行かれる方はパスポートを忘れずに


朝食はホテル内にカフェもあったのですが、食べ放題のレストランへ
まずはやはりヌードルコーナーでフォーを。小さめサイズなので他のお料理も楽しめます。
上の葉っぱはお好みで言えばのせてくれるのですが、こちらのレストランはドクダミ多めでかなり香りが強め・・

タイのパッタイよりも中華に近いお味の焼きそば。野菜もたっぷりで美味しいのですがとにかく塩っぱい〜〜青梗菜っぽい葉っぱが鶏がらスープベースで優しいお味だったので、それと一緒に食べて丁度よく。豚の角煮っぽいのもトロッと柔らかく美味

ベトナムといったらフォーと共にコーヒーも。ホットは濃くてブラックで飲むよりもお砂糖をいれて頂くほうが美味
この後アイスミルクコーヒーも飲んだのですがこれが美味しくて〜カフェモカをのんでいるような。ベトナムはブラジルに次ぎ2位のコーヒーの産地だとかでコーヒー好きには嬉しいトコロです。

アイスクリームコーナーがあって6〜8種類位のアイスクリームが自分で好きなだけ食べられるというアイス好きなはたまらないサービス
ディッシャーもとても使いやすく、あまり力を入れなくてもキレイに丸くアイスが盛れます。バニラとホワイトチョコ&ナッツをチョイス。数種類のソースやナッツ、ホイップクリームなどトッピングも充実していましたがシンプルに。
アイスミルクコーヒーが衝撃的な美味しさだっただけに、こちらのアイスはあまり感動がなく・・・ホワイトチョコ&ナッツは表示間違えてない?!なんか杏仁っぽい味がしまして・・・というコトでお替りはなしで。

お腹も満足した所でチェックアウト前にホテルの周りをちょっぴりお散歩。この辺はこの後向かった場所よりもローカルな雰囲気で、住んでいる人たちの生活風景をちょっぴり感じることが出来ました。


途中に線路を発見踏切なんてモノはないので近い距離に通り過ぎていきます。


路面電車状態ですね。この電車はサイゴン駅から出ているベトナム鉄道で中部を通りハノイまで行くそうです。36時間かかるとか。う〜ん・・・電車の旅憧れるけどちょっとキビシイかなぁ・・・
 

バイクも多いですが緑もたっぷりの道路を走りいざ次の宿泊先へ〜
sawape * 旅行:ホーチミン * 17:04 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

お正月旅行:ホーチミン

JUGEMテーマ:旅行
2013年になり早いものでもう2月・・
バタバタしているうちに年末年始の旅行の記録も滞り気長にかつ忘れないうち少しずつ
書いていきたいと思います。 
 
年末年始に海外に行くとしたら我が家の条件
“行機のチケットが比較的手頃なお値段
∋差が少ない
H沼気撚瓩瓦擦訝箸さ
が条件で必然的にアジア圏となります今回はベトナムへ〜といっても縦長の国なので、場所によって気候が全然違います。北部ハノイは日本と変わらない寒さのようですし、行ってみたかった中部ダナンあたりも肌寒くビーチでのんびりというカンジでもなさそうで・・
初めてのベトナムは都会で賑やかだといわれる南部のホーチミンへ行くことに。
17時頃の便だったので夕食が出てきました。
私は毎度のベジタリアンミール
今回もなかなか美味しく頂きました。
 
カネロニのようなパスタ料理は、中にマッシュポテトと刻んだ野菜を混ぜたのが入っていて美味赤ワインがススミます

ダンナは肉料理を選択。茶そばはヒドイお味だそうで・・・お肉もカルビ?!というどれも残念な品々だった模様。
6時間程飛行機に揺られてホーチミンへ初上陸
スムーズに入国審査を済ませて両替もしたら、ホテルの予約時に頼んでおいた送迎の車を探すべくいざ外へ・・・・す〜〜ごい人の多さ&暑さで早くも参り気味・・・しかもホテルの車が来ていない〜〜〜仕方なくクーポンを買いタクシーでホテルまで(1.000円日本円払いでした)

中心部のホテルまで行きたかったのですが、31日は大渋滞で通常30分あれば到着する所も、2〜3時間かかるという情報があったので空港からほど近いホテルへ。23時頃の到着になってしまうだろうからガラディナーなどが無いホテルを探してこちらへ↓
Mövenpick Hotel Saigon (モーベンピックホテルサイゴン)
到着時は真っ暗だったので翌日の朝にパチリ。
ど〜して迎えに来なかったのよ〜〜と文句を言い、請求から車代はくれぐれも引いておくように念を押し(ちなみにホテルの送迎は片道BMWでVND500.000:約2.000円)やっとチェックイン。

今回のお部屋はデラックルルーム。数年前に改装したようでキレイなお部屋でした。

水回りも広くてお掃除も行きやたらと大きいですが一応歯ブラシも用意されています。

バスタブは無くシャワーブースだけでしたが、旅先の暑い国であまりゆっくりお風呂に入るというコトもしないので充分。

部屋に入るまで散々文句を言っていましたが、車のリクエストは忘れられていてもハネムーンというリクエストは通じていたようで・・・(何回目かの新婚旅行
お部屋にスパークリングワインのサービスがしかもフルボトル
新年の乾杯に一応日本からシャンパンを持参していたのですが、それは後日に飲むコトにしてありがた〜く頂くコトに。
一気にホテルの印象がUPしたのでした

チョコがけ苺もワインのお供に。日本程甘さが濃くありませんが、暑い国で苺が食べられるとは思わなかったので美味しく頂戴しました。

あまりお腹も空いていなかったけれど、スパークリングワインを貰ってしまったのでルームサービスでチキンシーザーサラダを(VND168.000税.サ別:約780円)ロメインレタスも新鮮でパルメザンチーズたっぷり。あまり期待していなかったのですが予想外に美味(スミマセン


日本人らしく大晦日は年越し蕎麦が食べたいってコトでこちらも日本から持って参りました。
家ではインスタントヌードルは食べないのですが、こういう場所で食べると何故か美味しく思えたり
NHKが見られたのでちょっぴり離れた場所からゆく年くる年していました。

翌日は早くもこちらのホテルを後に次へ移動です
sawape * 旅行:ホーチミン * 16:55 * comments(3) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ