<< GW1泊旅行 | main | 伊東へ1泊旅行 >>

伊東へ1泊旅行

もう温泉にゆっくり浸かるという気候でもありませんが、のんびりしたくて伊東まで〜



今回は踊り子に乗ってみました(残念ながらスーパービューではありません
湯河原・熱海・西伊豆方面は良く行くけれど、伊東って車で通りすぎる位で初めてかもしれません・・



10時発の早い時間ですがお休みですから早速乾杯(一応糖質オフ系
行きは熱海で下車して湯河原まで足を伸ばしたりふらふら
11時半には熱海駅に着いていたのに、伊東駅に着いたのは4時過ぎ・・のんびりし過ぎてしまいました。
今回お世話になったお宿は駅からの送迎が無いかわりにタクシーが無料で利用出来ます。
どのタクシーに乗ってもOKなのでとっても便利なサービスです
歩いても10〜15分位?!大した距離ではありませんが、雨が降ってきてしまったので利用させて
頂いちゃいました。



楽しそうな商店街を横目に荷物の整理をしていたらあっという間に到着。
というお宿です。



玄関を入ると広々した空間が今どきなモダン和風な雰囲気です



和モダンというお部屋。入って直ぐの所にお手洗いとお風呂・洗面所があり、靴を脱いで上がるとロータイプのベッドとテーブルセットが。決して広くはありませんが2人だったら充分快適に過ごせます。
ただお手洗いや洗面所を利用する度に、靴やスリッパを履かなくてはならないのはちょっぴり面倒でした・・



窓から見えるのはこんなカンジの景色。下に川が流れていて緑がモクモクです。斜めを見ると少し先にはオレンジビーチが見えます。
ここへ来る前に熱海と湯河原で散々海と濃い緑を見てきたので、あまりいい景色に思えず・・(すみません




シンプルながらもお茶セットも用意されています。コーヒー・紅茶があったら尚嬉しい(我儘ばっかり)この下には冷蔵庫があるのですが、中に入っている飲み物がビール300円、ペットボトルの飲み物は150円と嬉しいお値段しかも税込近くにコンビニもありましたが、雨も降っていたし、一度チェックインしたら出るのが億劫になってしまったので有難く利用させて頂きました。




洗面所はシンプルですが、アメニティはひと通り用意されています。化粧品がドクターシーラボだったのは嬉しいですが、ドライヤーがマイナスイオンドライヤーではなかったのがちょっぴり残念
大浴場には4〜5台並んだドレッサーの一番端に固定式のマイナスイオンドライヤーが設置されていますが、混雑時はまず利用できないかと。私が行ったときは貸切状態でしたが、ドライヤーの真横に大きな蝶々がへばり付いていて近寄ることが出来ず・・

洗面所の隣はバスルームになっていますが、ちいさくて古くて多分誰も使っていないだろう状態でした。が、ゆっくりお部屋で過ごしたい方は露天風呂付きの客室もあるようですし、私達は大浴場が貸切状態で快適だったので利用しませんでしたが、予約制の貸切風呂も2箇所ありますので不便は感じないと思います。

遅めのチェックインになってしまったので、大急ぎでお風呂をザブンと入ったら一番のお楽しみの夕ごはんへ〜
食事は朝・晩共にお食事処で頂きます。
御簾とパーテーションで仕切られ個室っぽい雰囲気になっているのでゆっくり出来ます。朝は禁煙ですが、夕御飯は禁煙・喫煙が選べます。私達は喫煙を希望したからでしょうか?!2人ではちょっぴり寂しい位広めのお座敷で完全個室っぽい感じのお部屋へ。

 

景色は部屋から見るのと変わりません。下の階になる分オレンジビーチは見えませんでした。
ちなみにこのひろ〜い敷地は幼稚園なのだとかこんな所で伸び伸び過ごせるのは羨ましい限りです。あんまり覚えていないけれど、私が通っていた幼稚園は今でもたま〜に前を通るとこんなに小さくて・・と違った意味での驚きを感じますので・・




普段は断然赤ワイン派なのですが、こういう温泉宿に来るとやっぱり白ワインが飲みたくなります。ので今回も↑で。イタリアのANSELMIというワイン。リーデルのワイングラスで頂けるのが嬉しい一番リーズナブルだったという理由だけで選んでみたものの、これが美味しくて(お宿で3.800円也)
殆ど自分では白ワインは買わないのですが、これはお取り寄せして飲みたいと思いました。




まずは食前酒:夏みかん酒←伊東っぽいですね。スッキリ炭酸なしのミモザのようなお味。
先付:豆乳麺(うずらの卵・オクラ・順才)小さなうずらの卵がキチンと温泉卵になっているのには驚きました〜
手毬:鯵・イベリコ豚 まん丸の一口サイズお寿司。イベリコ豚はあんまりよくわからなかったです
前菜:蒸しアワビ 青海苔ソース・肝ポン酢ソース・ビシソワーゾース 2時間以上かけて蒸したというアワビは柔らかくてジューシーガチガチでなかなか飲み込めないアワビが丸ごと1個出てくるよりもほんの少しでもこういう美味しいアワビを頂ける方が幸せです〜(もう若くないのでボリュームよりも素材で勝負がいいカンジ



本日のお造り:マグロ・イナダ・イサキ・鯵
イサキをお刺身で食べるのは初めてでしかも甘みがあって絶品でしたが、他は美味しかったけれど前回行った館山のお宿の方が良かったかな・・




椀物:焼目甘鯛と粟饅頭
こちらの料理長は京都の料亭にいらした方とかで、どのお料理もとってもお上品なお味です。この椀物もじわ〜っと旨みが体に滲みる美味しさ
お刺身のお醤油も出しが効いた薄めのお味で料理長お手製なのだとか。
京都に行かずともこんなステキなお料理を頂けるのは嬉しい限りです〜



進肴:卵豆腐(伊勢海老・鮑・雲丹)
小さな中に豪華な素材が詰まった1品。伊勢海老もゴロッと入っているし、雲丹もクリーミー鮑も前菜同様柔らかくこれだけおかわり下さいと言いたい位ホントに美味しかったです今写真でみても食べたくなってしまいます。



焼物:鹿児島県産和牛のステーキ ピンクソルトと料理長お手製の生姜ソースで。
一口サイズのお肉ですがこれもまた絶品脂があま〜い
料理長特製の生姜ソースというのが又美味しくて、お料理を運んでくれた方がお家で簡単に作れるんですよ〜と作り方を教えて下さったので(確かに私でも作れそう)早速挑戦してみたいと思います。




煮物:茄子の茗荷煮
これまた京風なお出汁で美味しゅうございます。
大体この辺りになってくると、ちょっぴり食べてあとはダンナに食べて貰ってしまうのですが今回は全て完食。



止肴:冬瓜すり流し鍋(金目鯛・鶏肉・水菜・白滝など)
柚子の香りがほんのり香り金目鯛はふっくら・鶏肉はプリプリお野菜も結構しっかり入っていて見た目よりもボリュームがあります。が、これもまたスープがあまりにも美味しくて全て飲んでしまいました。さすがにお腹がタプタプ・・



食事:鮎ご飯・赤出汁・香の物
焼いた後食べやすく解した鮎がたっぷり混ざっているご飯は満腹でも食べちゃう位の美味しさ山椒の実がまたいいカンジ。何よりお米が美味しくて混ぜご飯用と白米用というコトで朝と夜は違うお米を使っているとか。
さすがに赤出汁は飲めませんでした・・



水物:白玉ぜんざいとジェラート
ちょっぴり添えてある黒豆も丹波の黒豆という拘り様。
ぜんざいは勿論、黒豆の一粒まで全ておいしいデザートでした

汁物が多かったせいか珍しくワインが飲みきれず・・するとお料理を運んでくれた方が快くお部屋に持ち帰ってゆっくり飲んで下さいね〜という嬉しいお言葉。
温泉に浸かった後改めてゆっくり頂きました。サービスもお料理も大満足で熟睡・・

23時前には眠りに就き、翌日目覚まし無しで5時に目が覚めてしまったという健康的な休日温泉に入ったり近所をお散歩したり、ラウンジで新聞を読んだりと普段では考えられない充実した朝を過ごしたら再びのお楽しみ朝ご飯へ〜 
次へ続く→

sawape * 旅行:伊豆方面 * 22:32 * comments(3) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

これはまたお上品なお料理の数々。
卵豆腐なんてその名前一言とはずいぶんギャップのある贅沢なつくりで。
和食には白ワインだよねw
Comment by ゆうこ @ 2012/07/23 9:48 AM
京風の料理っておいしいよね〜
これこそ外で食べたい。
夏も食べやすいよね。

生姜ソースのつくり方、教えてもらえるとうれしいデス。
Comment by はるな @ 2012/07/23 11:13 AM
ゆうこさん。
ホントは日本酒をちびりちびりと頂けるといいのですがw
卵豆腐といっても確かにイメージが違う豪華版でした(^_^;)

はるなさん。
生姜ソースはお肉だけじゃなくて、冷や奴なんかにも合い
そうで(*^_^*)
こういうお料理を頂くと日本人で良かった〜としみじみ思っ
ちゃいますね♪
Comment by さわこ @ 2012/07/23 11:58 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ