<< サムイ旅行 イタリア料理:Purego | main | お正月旅行:ホーチミン >>

サムイ旅行 タイ料理:Your placeレストラン

JUGEMテーマ:旅行
チャウエンビーチに来たその日の夜、ちょっぴりだけ寄り道したお店が思いの外いいカンジだったので早速翌日改めてYour placeレストランという店名で、Sareeraya Villas & Suitesのビーチ沿いのお隣にあります。

白ワインはタイらしい嬉しいなみなみ注ぎ
ハッピーアワーだと1杯120THB(約336円)
シンハービールは小瓶で55THB(約154円)・カクテルはトムコリンズで90THB(約250円)という嬉しいお値段スタンダードカクテルなら大体90THBでした。
ヤムタレーというタイ風シーフードサラダ。ボリュームたっぷりというカンジではありませんが、エビもイカもプリプリで美味〜もうちょっと辛くてもいいかな・・という気がしましたが、唐辛子入りナンプラーを持ってきて貰えば即おぉ辛いに変身
トムヤムチキンスープ。
エビではなく鶏にしてみました。ココナツミルク無しのクリアータイプのスープです。当然ですが酸っぱ&辛〜プチトマトがいいアクセント


牛肉とエビのグリル赤ワインソース&ポテトフライ
牛肉が既にジャーキーのような弾力で・・味も濃いめなのでビールがすすみます〜・・がやっぱり牛肉よりもエビを食べた方が正解ですね。
サウザンドレッシングが甘甘なのでは?!と思ったけれど、濃厚で美味海老フライなんかと一緒にも頂きたいような。
ポテトフライはサックリ揚がっていてこれまたお酒のお伴に有り難く

この日のお会計
シンハービール 小瓶×2
トムコリンズ×1
グラスワイン白×2・赤×1
↑のお料理で合計1.300THB(約3.600円:チップ込み)
半分位はアルコール代気が・・・

ホテルからすぐで居心地も良かったので最終日、チェックアウト後空港へ行くまで再びお邪魔するコトに〜
4日間のうち3日お邪魔したのでさすがに顔を覚えられ
この日の赤ワインもたっぷり入ってます

最後にやっぱりタイ風シーフードサラダ。
家でも作れそうなのですが、なかなか同じ味になりません〜

チキンの汁そば。太麺でした。あっさりやさしいお味でホッとします

 
牛肉がイマイチだったので、今回はエビとイカ、白身魚のグリルを。
ポテトじゃなくて白飯だ・・と残念がっていたものの、何だか解らない白身魚の小骨がノドにささってしまいこのゴハンに助けられました・・
ちなみにゴハンとこのソースの組み合わせ、ゴハンどれだけでも食べられてしまいそうでキケンです

この日は最後というコトもあり、お酒をかなり頂いたので前回よりもうすこしお会計がUPしました(メモを忘れてしまった)それでも2.000THB(約5.500円)でお釣りが来る位のお値段だったと思います。又サムイへ行く機会があったら再びお邪魔するでしょう
・・しかしこちらのお手洗いはお隣のマッサージ店と共同で現地仕様・・なので近隣のホテルでお借りするコトをオススメします。私はホテルの部屋まで戻っていました
夏の旅行の記事が終わる前に年が変わってしまいそうですが地味〜に思い出しつつUPしていきます・・

sawape * 旅行:サムイ * 17:30 * comments(4) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

3日も通うなんてよっぽどお気に入りなお店なのね( ´艸`)
エビとイカが本当においしそうです♪

おトイレ現地仕様はちょっと勇気いるわw
Comment by ゆうこ @ 2012/12/27 2:56 PM
ゆうこさん。
ホテルから近くて手頃で居心地が良いという点で通って
しまいました(^^;)突然のスコールでも安心♪
おトイレは勇気がいるというより、見た瞬間にムリでし
た・・m(_ _)m日本って素晴らしいと感じる時ですね(^^)
Comment by さわこ @ 2012/12/28 10:05 AM
旅先で気に入ったお店があると、安心するよね。
トイレはともかく…

あー、チキン汁そば食べたい!と叫びました。
タイ料理っておうちでつくってもおいしくないから、
外に食べに行きたいんだけど、近くに全然ないんだよなあ。

Comment by はるな @ 2012/12/28 12:33 PM
はるなさん。
トシと共に冒険心が薄れ・・(^^;)地元でも数件のお店を
行ったり来たりwあんまり旅先でも変わらない生活です。
タイ料理はホントどうして家で作るとイマイチなのでしょう
(-_-)なんちゃってになっちゃうのよねぇ・・
はるなさんのお家の近くではあまりタイ料理は受け入れ
られなそうですもんねぇ(身近にいるダンナ様も含めw)
こっちに来た際は一緒にお店へ行きましょ〜♪
Comment by さわこ @ 2012/12/28 2:58 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ