<< サムイ旅行 タイ料理:Your placeレストラン | main | お正月旅行:ホーチミン >>

お正月旅行:ホーチミン

JUGEMテーマ:旅行
2013年になり早いものでもう2月・・
バタバタしているうちに年末年始の旅行の記録も滞り気長にかつ忘れないうち少しずつ
書いていきたいと思います。 
 
年末年始に海外に行くとしたら我が家の条件
“行機のチケットが比較的手頃なお値段
∋差が少ない
H沼気撚瓩瓦擦訝箸さ
が条件で必然的にアジア圏となります今回はベトナムへ〜といっても縦長の国なので、場所によって気候が全然違います。北部ハノイは日本と変わらない寒さのようですし、行ってみたかった中部ダナンあたりも肌寒くビーチでのんびりというカンジでもなさそうで・・
初めてのベトナムは都会で賑やかだといわれる南部のホーチミンへ行くことに。
17時頃の便だったので夕食が出てきました。
私は毎度のベジタリアンミール
今回もなかなか美味しく頂きました。
 
カネロニのようなパスタ料理は、中にマッシュポテトと刻んだ野菜を混ぜたのが入っていて美味赤ワインがススミます

ダンナは肉料理を選択。茶そばはヒドイお味だそうで・・・お肉もカルビ?!というどれも残念な品々だった模様。
6時間程飛行機に揺られてホーチミンへ初上陸
スムーズに入国審査を済ませて両替もしたら、ホテルの予約時に頼んでおいた送迎の車を探すべくいざ外へ・・・・す〜〜ごい人の多さ&暑さで早くも参り気味・・・しかもホテルの車が来ていない〜〜〜仕方なくクーポンを買いタクシーでホテルまで(1.000円日本円払いでした)

中心部のホテルまで行きたかったのですが、31日は大渋滞で通常30分あれば到着する所も、2〜3時間かかるという情報があったので空港からほど近いホテルへ。23時頃の到着になってしまうだろうからガラディナーなどが無いホテルを探してこちらへ↓
Mövenpick Hotel Saigon (モーベンピックホテルサイゴン)
到着時は真っ暗だったので翌日の朝にパチリ。
ど〜して迎えに来なかったのよ〜〜と文句を言い、請求から車代はくれぐれも引いておくように念を押し(ちなみにホテルの送迎は片道BMWでVND500.000:約2.000円)やっとチェックイン。

今回のお部屋はデラックルルーム。数年前に改装したようでキレイなお部屋でした。

水回りも広くてお掃除も行きやたらと大きいですが一応歯ブラシも用意されています。

バスタブは無くシャワーブースだけでしたが、旅先の暑い国であまりゆっくりお風呂に入るというコトもしないので充分。

部屋に入るまで散々文句を言っていましたが、車のリクエストは忘れられていてもハネムーンというリクエストは通じていたようで・・・(何回目かの新婚旅行
お部屋にスパークリングワインのサービスがしかもフルボトル
新年の乾杯に一応日本からシャンパンを持参していたのですが、それは後日に飲むコトにしてありがた〜く頂くコトに。
一気にホテルの印象がUPしたのでした

チョコがけ苺もワインのお供に。日本程甘さが濃くありませんが、暑い国で苺が食べられるとは思わなかったので美味しく頂戴しました。

あまりお腹も空いていなかったけれど、スパークリングワインを貰ってしまったのでルームサービスでチキンシーザーサラダを(VND168.000税.サ別:約780円)ロメインレタスも新鮮でパルメザンチーズたっぷり。あまり期待していなかったのですが予想外に美味(スミマセン


日本人らしく大晦日は年越し蕎麦が食べたいってコトでこちらも日本から持って参りました。
家ではインスタントヌードルは食べないのですが、こういう場所で食べると何故か美味しく思えたり
NHKが見られたのでちょっぴり離れた場所からゆく年くる年していました。

翌日は早くもこちらのホテルを後に次へ移動です
sawape * 旅行:ホーチミン * 16:55 * comments(3) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

日本の航空会社なのに口に合わない料理が出てくるとはw
よっぽどだったんだね。
てか写真でもおいしくなさそう…(ノ∀`)

ハネムーン万歳だね、シャンパンと苺♪
ステキステキ〜
Comment by ゆうこ @ 2013/02/04 9:30 AM
ゆうこさん。
恐らく他の航空会社と共同運航便だったのでは・・と・・
あんな茶そば出てくるのはありえないのでw
ビールが日本のだったのがせめてもの救いです(^^;)
あっ私のベジタリアンミールは普通に頂けました♪
Comment by さわこ @ 2013/02/04 11:50 AM
何度目かのハネムーン、おめでとう(笑)

新年はベトナムで迎えたのねー。
ちゃんと年越しそばを用意してあるのがイイですね〜
Comment by はるな @ 2013/02/07 10:11 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ