<< お正月旅行:ホーチミン | main | お正月旅行:ホーチミン >>

お正月旅行:ホーチミン

JUGEMテーマ:旅行
ホテルを移動して2日目。何にもしないでの〜〜んびり過ごそうと思ったけれど、貧乏性のためのんびりにも限界が・・翌日は夜日本へ帰るのでそれこそまる1日のんびり過ごせるというコトでやはり街へ散策に
 
ホテルから午前1便・午後2便船で中心地まで送迎をしてくれます。14時頃に乗船して帰りは18時頃に再びピックアップしてくれるというのをお願いして昨日までいた場所へ再び〜

車だと1時間近くかかってしまいますが、船なら20分位で到着します。ちょっとしたクルージング気分も味わえて快適です〜
 
あちこちでどんどん↑のような高層ビルの工事をやっていて、これからどんどん発展していく気配を感じます。そんな景色を眺めているうちにあっという間に到着
もうお買い物も一通りしてしまったし、そんなに欲しい物もなかったので3時のおやつのような時間ですが早々と晩酌タイムに
2日目にたまたま通りかかってなんとなく気になっていたお店へ。なのでお店の名前がわかりません・・入り口を入ってすぐの所はバーカウンターっぽくなっていて、テレビのスポーツ中継を見ながらビールを飲んでいる方々が
 
中庭のような↑を挟んで奥はテーブル席になっていて奥は中華料理屋さんっぽい雰囲気。
私達は中庭のすぐ横のテーブル席に座らせて貰いました。
ハッピーアワーでドリンクがお得になっていたのでまずはビールを頂きます

スパイシービーフサラダVND119.000
今回の旅行でよく食べたメニューです。ベトナムはチキンよりビーフの方が美味しいようなこういう薄切り肉ってパサパサ&ボソボソなイメージでしたが、ホーチミンで食べたお肉は薄切りでもちょっぴりレア目でジューシーフォーに入っている牛肉も赤身肉ですが、やはりローストビーフのようにちょっぴりレアで美味しかった
香菜などのハーブ野菜とニョクマムのドレッシングがよく合います。こちらのお店は甘酢に漬けたらっきょうのようなのも入っていて、ピクルス代わりのようなアクセントになっています。一緒にエビせんべいが付いているのもうれしい
エビの土鍋炒め煮VND139.000
お値段がお値段なので仕方ないのですが、これは思っていたのと違うカンジで・・・海老もかなり小さめだし味が濃いコト・・中華料理っぽいお味?!ゴハンをガバっと入れて混ぜ混ぜして食べたら美味しいかな。と思いましたがまぁいいかとそのまま頂きました。ビールがススミます。
 
大好きだけれど、今回まだ食べていなかった空芯菜炒めVND55.000
これは間違いないお味。シャキシャキでやっぱり美味しいわ〜
 
お会計↑のお料理にビール小瓶×3・グラスワイン×2(99.000VND/1杯)・アイスコーヒー(30.000VND)
税・サービス料込で801.570VND(約3.200円)

明日は夜帰ってしまうので、まだデザートなども食べたいトコロでしたがお迎えの時間がそろそろとなり置いてかれてしまうとタクシーの運転手さんに説明するのもまた一苦労となりそうなので、ホテルでスーパーで調達したお菓子とビールで2次会をするコトにして再び桟橋に戻ります。
暗くなるとバイクの間をすり抜けて道を横断するのもちょっぴりスリリングでしたが何とか桟橋まで戻って来ました。
ちょうどクルージングディナーの時間らしく沢山の船がお迎えに来ていました。
 

私達は小さな船にのり再びホテルまで〜
この夜景ともとうとうお別れです。今度遊びに来るときはもっと都会になっているのでしょうね
sawape * 旅行:ホーチミン * 17:27 * comments(4) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

夜景がキレイです♪
空芯菜炒めおいしそーぅ。
シンプルなのがいいよね。
あと写真がうますぎるw
Comment by ゆうこ @ 2013/04/02 9:47 AM
ゆうこさん。
空心菜美味しいですよね〜(*^_^*)
スーパーでたま〜にしか見掛けませんが見付けるとついつい
買ってしまいます。
こういう優しい味の青菜系炒めはビールのお供にも合うんで
すよね(^_-)
写真は決して上手くありませんw光の加減が一番かと(^^;)
Comment by さわこ @ 2013/04/02 12:57 PM
船で移動もいいね♪
旅行気分が盛り上がりそう。

写真がうますぎる、私もそう思いまーす。
Comment by はるな @ 2013/04/02 4:56 PM
はるなさん。
そう。船で移動って旅行気分盛り上がりますよね(^^)
写真はあまりお褒め頂くと・・最後になるだろう次の
旅日記の写真が暗くてかな〜りイマイチなので・・(T_T)
Comment by さわこ @ 2013/04/03 4:28 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ