<< 2013年のG.W 石和温泉 | main | 2013年夏休み:ベトナム旅行 >>

2013年のG.W 石和温泉

JUGEMテーマ:旅行
糸柳別館 和穣苑にて。お楽しみの夕ゴハンは個室風に仕切られた食事処にて〜
ちなみに離れにお泊まりの方はお部屋で食事となるようです
席に着くとステキなお品書きが。
温泉に浸かりお腹もぺこぺこです

さつき和え:エビの白和え
洋食でいうとアミューズのようなカンジでしょうか?!
白和え大好きなので嬉しいです。ほんのちょっぴりですが海老の存在感がすごいです
 
1泊2食の宿泊プランにはワインのハーフボトルがサービスで付いていました。赤・白お好みで選べます。ロビーで赤ワインを頂いたのでこちらでは白ワインを
スッキリだけれどそこそこフルーティーであっという間に飲み干してしまいそうです。
酒肴七種:とってもお洒落に登場しました食べるのが勿体ない位ですがパクパク頂きます。小さなサザエやかまぼこ、合鴨などなど。これまたどれも一口サイズで可愛らしいですが、お味は立派で。1品ずつ丁寧に作られているのを感じます。
 
土瓶蒸しの前に再びお品書きのような説明書きが。
薬膳系のスープが登場するようです。
烏骨鶏・高麗人参・木耳・クコの実・大根・銀杏など・・食材毎に効用が書かれてあり参考になります。
銀杏の老化防止&木耳のしわ予防が気になトコロ

こちらが薬膳土瓶蒸し。
薄味ですが素材の味は濃厚〜〜中の具も召し上がれと言われたのでちゃんと食べました。が、高麗人参は何ともいえないお味で・・・

このスープを飲んだせいでしょうか?!しこたま食べてワインもたっぷり飲んだにも関わらず、翌朝はスッキリ目覚めお腹も空き朝食もモリモリ食べてしまいました。

海の幸三種:イカ・鯛・マグロ
これもまた美しいお姿で登場まん丸氷の中に入っていて見た目も涼しげです。
正直場所柄、お刺身はあまり期待していませんでした・・が、もう美味しくて驚いた。マグロの中トロなど口に入れたら直ぐに溶けてしまいコース料理なので仕方ないとはいえ、お刺身大好きの私はもう少しボリュームがあると幸せです・・
 
御凌ぎ:吉田うどん
初めましての吉田うどんは太くて1本ずつ口に入れないとモゴモゴしてしまいます。これまた優しいお出汁でが、添えられている唐辛子味噌はキビシイ辛さ辛いモノ大好きなのですが、これはほんの少しで口の中が痛くなりました。
・・でも美味しくてお宿の方にお願いしたっぷり譲って頂いちゃいました
この時期冷や奴などにちょっぴりのせて頂くと夏バテも吹っ飛んでしまいます(辛さで

本日の御菜:ヤマメの塩焼き
大好きな川魚が登場〜焦げ焦げですがまるで泳いでいるようなお姿で・・食べてしまうのが申し訳ないですが・・頭からガブリとおいし〜〜塩加減も絶妙


ハーフボトルの白ワインはとっくに無くなってしまったのでロゼワインを追加。
初めて飲むワインでしたがこれもまたスッキリで飲みやすい。家では殆どロゼワインを飲まないのですが、これは暑い夏にちょっと飲んでみたいわと思い、ネットでお幾ら位か調べたところ1.200円程とリーズナブル(お宿では3.800円だったんですけど・・

煮おろし:白身のお魚(何だったか忘れてしまいました)と生麩
関西風のお出汁で京都に旅行に来ているのかと錯覚してしまうお味。関東人ですがうどんも煮物も味噌汁も関西風の方が好きです
強肴:富士桜豚の角煮
もう腹十二分目状態で豚の角煮が登場したときはもうムリ・・と思い、一口食べてあとはダンナに食べて貰おうと思ったのですが、その一口を食べたら美味しくてお腹に隙間が出来た
お箸でホロリと崩せる柔らかさで油っこさが無くお肉の味がぎゅ〜っと
辛子をつけて頂くとついもう一口。というコトで結局ほぼ一人で完食。豚の角煮はお店によって味や煮加減が違いますが、こちらのは今までで1番だったかも。
ちなみに沖縄のラフテーは苦手です・・

酢の物:山菜の酢の物とろろ入り
ほんの少しだけれど、山芋のねっとりはお腹に溜まりそうでキビシイわ・・と思ったものの、これまた素晴らしい酢加減でスルリと再びお腹へ。しかも中に入っている山菜が絶品採れたてなんでしょうね。本当に新鮮で食べると元気になる気がします。
ご飯は釜で登場。
絶対ムリでしょうっていう位たっぷり入っていました
ご飯・香の物・赤出汁
富山県産こしひかりだそうです。ツヤピカでお米が立っています。
せっかくなので少しだけでも食べましょうとお新香と共に少々。これもまたまぁ美味しいこと普段あまりお米を食べないのですが、こちらではお腹一杯にも関わらずしっかり食べていたのでダンナが驚いていました。
美味しいお米はそれだけでご馳走なんだわぁ〜としみじみ
甘味:黒ゴマプリン
超濃厚そのままゴマ!なプリン。満腹を通り越す状態だったのですがこれまた完食。カステラだけでなくこのプリンもお土産で販売していたら間違いなくお持ち帰りしただろうと思う程美味
 
お腹が一杯過ぎてお部屋まで辿り着かず、まずはこちらで休憩
食後のコーヒーも自由に頂けるので有り難いです。

翌朝。
朝食も同じ場所で。夜はあんなに苦しかったのに朝起きるとスッキリ薬膳スープと薄めの味付けで素材の美味しさを引き立てたお料理のお陰でしょうか?!
すっかり腹ぺこ状態で再び参ります。




 
朝も献立と料理長さんからの朝ごはんについての説明書きが。
おからとは別名「キラズ」というそうで、縁を切らないというのにかけているなど色々参考になるコトが書かれていました。

お水の氷も可愛くまん丸。
カクテルなんかに浮いていそうです。

料理長さんが思いを込めて作って下さった朝ごはんのおかずが登場
納豆・焼き魚・しらす干し・おから煮・ひじき煮・ほうれん草の白和え・たらこ・松前煮・卵焼き・ねぎ味噌・野菜の浅漬け・豆腐サラダ
お宿の朝ごはんってこういう風に色々な種類が少しずつ登場するので堪りません〜自分のお家じゃ絶対にムリですから
朝のお米は新潟県産コシヒカリだそうです。
今回は飯盒で登場。夜のお釜以上にテンションUPします

汁物は山梨名物ほうとう
沢山は食べきれないので、お味噌汁サイズのこの位が嬉しい豚肉が入っていて豚汁っぽいお味です。カボチャが入っていないのも有り難く(カボチャ大好きなのですが、お味噌汁に入っているの苦手なんです・・)ちなみにこちらのほうとうはおかわりOKです。

本日の果物:いちごとブルーベリー
コーヒーと共にホッと一息。
再び眠くなってしまうのをグッと堪え少しゆっくりしたらチェックアウトです。
お財布の余裕があればもう1泊のんびり過ごしたいトコロですが・・・


チェックアウト時には昆布茶を頂きました。

鳥モツ煮からはじまり吉田うどん、ほうとう、豚肉、ワインなどなど・・1泊2日とは思えない程山梨の美味しいモノを堪能した旅でした。その殆どはこのお宿のお陰ですね。
今度は違う季節にお邪魔してまた別の山梨名産を楽しめたらいいなぁ
sawape * 旅行:その他 * 15:26 * comments(4) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

豚の角煮でまさかの別腹w
普段だったら絶対ありえないねー
そんなにおいしかったのねぇ、どんな塩梅だったのか気になるわw
ああ〜どの写真も美味しそう、お腹すいてきた(*´ェ`*)
Comment by ゆうこ @ 2013/07/18 5:07 PM
ゆうこさん。
そうなんですよ〜まさかの別腹でw
豚の角煮はこってりし過ぎず甘さも控えめで絶妙な
お出汁加減!・・って説明が難しいのですが(^_^;)
本当に美味でした。自分では絶対に真似の出来ない
味付けです。そういうお料理を頂けるのは有り難い
ですよね(*^_^*)
Comment by さわこ @ 2013/07/19 9:57 AM
一品一品丁寧に作られているのがわかるねd(-_^)

お宿の朝御飯って、何であんなにご飯が進むおかずばかりなんでしょう。ご飯が何杯あっても足りないだろうなー

たまには和風旅館の旅もいいかもね!
もちろん温泉つきで!!
Comment by はるな @ 2013/07/19 6:54 PM
はるなさん。
そうなんですよ〜。家ではそんなにご飯食べないのに、旅先
だと何故か食べられてしまうんですよねw
のんびり温泉旅行もいいですね♪・・もう少し涼しくなった
らね(^^;)
Comment by さわこ @ 2013/07/26 5:43 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ